誰の為に。

 

昨夜は山手線混雑とトラブルの為運転を見合わせており40分位巣鴨駅で足止めをくらいました。

 

もう歩いて帰ろうかと思った瞬間「運転再開しました!」と放送が入り、急いでホームに行くもま~混雑でなかなか車両に乗れずいらいらしておりましたが、車内の乗客の顔を見ると皆同じように思ってるんだな~と言わんばかりの表情でした。まーこんな日もあるかと家路に着きました。

 

今朝も駅構内はなんとなくバタバタした様子で電車も遅れてるのもあり混雑しておりました。

 

そんな中心を打たれると言うかズシ!っとささる感情を久々に感じました。

 

自動改札をなかなか通れない目の不自由な女性がいらっしゃいました。何度かICカードをかざしてその女性は改札を通れたのです。

 

直後その女性の左側から就活をしていると思われる女子学生(リクルートスーツ姿だったので)がさっと近寄り「何線に乗られるんですか?」とお声をかけていました。ずしーっと胸にささると言うか、自分は何をしているんだと言う心境とその半面「心をなでられる」そんな朗らかな感情が芽生えました。

 

就活をしていると思われる女子学生は誰かの為になることをしていました。さらっと彼女は当たり前のようでした。

 

簡単なようでなかなか自分にはできないことでした。とても大事な事とですよね。仕事ができる、できないってことやどうやったら数字を上げるかとか簡単に答えを出そうとしてる様な世の中ですが、いかに気が効くかとか誰の為に何をするかがとても重要な気がします。

 

勿論自分の為も大事ですが、そのあとなのかも知れませんね。美容師も全く同じです。お客様にこうしたい、あーしたいと言うデザインはありますがそのヘアースタイルにすることばっかりに気持ちが行きがちです。肝心なのはそのヘアースタイルになってお客様がどうなるか、明日から楽しく仕事ができるのか、毎日毎日嫌なことばっかりだけど前向きになれるとか最終的には「幸せ」になることが大事だと思います。

 

なかなか簡単にはいかないこともありますが常に「想い」を持って接客していきたいと思います。

 

なんの為にハサミを持つのか誰の為にデザインするのか日々考えて行きたいと思います。

 

読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

           「常陸太田市 竜神大吊橋の鯉のぼりまつり」

camera      RICOH GR1V

film            FUJI   PROVIA 100F