フィルムカメラ。

こんにちは。89の小川です。 GW には最高の天気ですね。

今回もフィルムカメラの作例です。

撮影機材はこちら↓

 

 

 

RICHO  GR1V

リコーのGRシリーズ現在はDGTALに受け継がれGRⅡとしてセンサーサイズもAPS-Cに変わり販売されております。

GR1VはフィルムカメラのGRシリーズでは最終型で2001に発売されております。

ご存じの方も多いと思いますがGRはフィルムカメラからデジタルカメラに変わっても全くと言っていいほどサイズ、デザインが変わっておりません。

ポケットにしのびこませいざと言う時にさっと取りだし撮影ができるスナップシューターと言われております。

相変わらず前置きが長くなりましたが、とにかく作例です。

 

 

 

今ツツジが見ごろです。

 

 

練馬駅前、文化会館の並びにある公園に毎年つつじが綺麗でこの時期はつつじ祭りが行われております。

 

 

前回もリコーのフィルムカメラの作例をアップしましたがこのGR1Vのレンズは28mm  F2.8と一眼レフ並みのレンズが搭載されており

描写感は似ているものの解像度が凄いです。

 

 

 

 

 

撮影距離も35cm~無限で、花を撮る時にはぐっと寄れます。

上の写真はギリギリまで寄って絞り解放2.8で撮影したものです。

それなりにボケます。

 

 

GRレンズまたはリコーのカメラのレンズの特徴としては暖色系が強い気がします。

 

 

 

こちらはフジ(藤)。この花も大好きです。

デジタルとフィルム両方で撮りますがフィルムの何とも言えない描写感や奥行きが好きです。

これからもゆる~くアップしていきたいと思います。